タイトル画像

1 / 512345

平成29年(2017年)

創立62年のゆうもあくらぶでは、昭和34年(1954年)より、その1年に『”ユーモア”で貢献し、世の中に明るい話題を提供してくれた方』に「ゆうもあ大賞」を贈呈しております。

選出がゆうもあくらぶの会員と報道関係者の投票により行っており、このほど平成29年度(2017年度)ゆうもあ大賞を次の3名に授与いたしました。

12月6日(水)に開催された授賞式(於:ホテルニューオータニ芙蓉の間)にて、理事長の大村崑より賞状と「金の耳かき」を授与いたしました。

林家 たい平(落語家)

あなたは2004年12月から日本テレビ「笑点」の大木理に林家こん平師匠の代役として主演。そうそうたる一癖二癖ある先輩達に臆すること笑いを取りレギュラーとなりました。 おおくのレパートリーを持つもの芸人や大好きなペットネタも楽しいです。 師匠のためにと昨年の「24時間テレビ」100キロマラソンでは見事完走ししゃべりだけでは泣く心技体そろっていることにも笑点が当てられました。あなたが言われる「笑顔のお手伝いがしたい」はゆうもあくらぶと共通の趣旨です。今後も全国に笑いを広めていただきたいと願いゆうもあ大賞を贈ります。

加藤 一二三(元・将棋棋士)

あなたは名人・縦断・将聖などの多くのタイトルと最高齢勝利・通算対局数など数多くの記録を持つ天才棋士ですが、将棋を知らない人達にも面白い将棋のおっちゃんで有り『ひふみん』の師匠で呼ばれています。ユーモアな話し方は軽妙かつ愛嬌たっぷりで「カワイイ」と皆に愛されています。あなたの航跡とユーモアは将棋界の発展に大きな貢献をしました。 本年6月に現役引退を発表されたのは残念ですが、これからのタレント業でも得意の棒銀戦法で突進しか活かされることを願いゆうもあ大賞を贈ります。

梅沢 富美男(俳優・歌手)

あなたは劇団公演の女形で妖艶な美女に変身し「下町の玉三郎」と呼ばれ、あまりにビフォーアフターが不思議なで面白すぎると大人気です。 そのうえ歌も踊りも料理も名人で有り、著作もこなすという多芸多才なことにもビックリさせられます。 しかも最近は毎日放送「プレバト!!」俳句の名人位八段までも獲得されています。辛らつな言葉を吐いても面白さに変わってしまい、許されるのはユーモア精神があるからでしょう。 変幻自在の容姿と言葉の魅力を併せ持つあなたは芸能界のお宝です。 よってゆうもあ大賞を贈ります。

平成28年(2016年)

平成27年(2015年)

平成27年(2015年)12月9日(水)に開催された授賞式(於:ホテルニューオータニ芙蓉の間)にて、会長の山東明子より症状とトロフィー、理事長の大村崑より「金の耳かき」を授与したほか、協賛各社からの副賞が贈られました。
今回の授賞者は紅白歌合戦の総合司会に抜擢された黒柳徹子氏、ヤクルトスワローズを優勝に導いた真中満氏、様々な役どころ演じ活躍の舞台を広げられている北大路欣也氏が選ばれました。

黒柳 徹子(女優)

テレビ誕生以来レギュラー番組を持ち続けている唯一凄い人

真中 真(プロ野球監督)

ドラフト会議の抽選ではずれたにも関わらずガッツポーズ、真面目なだけに微笑ましい

北大路 欣也(俳優)

超大物俳優が携帯のCMではお父さん犬の声を担当する離れ業

平成26年(2014年)

「アナと雪の女王」でアナ役の声優として大ブレークした神田沙也加氏、大リーガーから吉本興業の社員になった石井一久氏、宝塚のレジェンド八千草薫氏に、それぞれの活躍にゆうもあ大賞が贈られました。

神田沙也加 近影

神田 沙也加(女優)

「アナと雪の女王」でアナ役の声優として大ブレーク。
石井一久 近影

石井 一久(元プロ野球選手)

大リーガーから吉本興業の社員になった。

八千草 薫(女優)

宝塚のレジェンド。

平成25年(2013年)

桂文枝さんは、文枝襲名パリ公演でも大活躍だったこと、白鳳関は、強い上に日本人以上に日本人らしさをもつこと、三谷幸喜氏は、初挑戦の時代劇映画でも三谷ワールドを存分に発揮したこと、それぞれの活躍にゆうもあ大賞が贈られました。

六代目桂文枝

六代目桂文枝(落語家)

花の都パリでの襲名披露で落語を熱演し、日本語のわからないパリジャン、パリジェンヌを笑わせたこと
白鵬 翔

白鵬 翔(横綱)

日本人以上に日本人らしい強くて優しい横綱として、また長い間一人横綱として角界を守り続け大相撲人気の回復にも大きな尽力をしたこと
三谷 幸喜

三谷 幸喜(脚本家・タレント)

自身が基本的に喜劇であるゆえに生み出される作品が常に楽しいユーモアとウィットに富み多くの人を魅了したこと

平成24年(2012年)

松本薫さんは、スポーツの頂点にたちながらもパフェを愛する乙女であったこと、高橋英樹氏は、時代劇の普及に務め日本の活劇を守り続けたこと、三宅宏美さんは、親子二代に亘り一つの種目をめざし見事花を咲かせた親子の愛に、ゆうもあ大賞が贈られました。

高橋 英樹

高橋 英樹(俳優)

日本の時代劇に欠かせない人として活躍しお茶の間のヒーローとしてもバラエティ番組の回答者としても大活躍した
松本 薫

松本 薫(ロンドン五輪女子柔道金メダリスト)

オリンピックで日本最初の金メダルをもたらした。試合中の夜叉の形相とパフェをほおばる少女顔の落差に大賞
三宅 宏美

三宅 宏美(ロンドン五輪女子重量挙げ銀メダリスト)

お父さんとの二人三脚が功を奏し見事お父さんと同じ種目でメダリストに。気がつけばお父さんより輝くメダルを獲得

平成23年(2011年)

佐々木則夫氏は、東日本大震災で暗くなった日本を一気に明るくしたこと、尾木直樹氏は、ママ語で優しく判り易い教育論を展開したこと、魁皇関は、大関在位65場所、通算勝星1047勝の大記録を達成したこと、それぞれの功績が認められてゆうもあ大賞が贈られました。

尾木 直樹

尾木 直樹(教育評論家)

明石家さんまに「尾木ママ」の愛称をもらってから大ブレークし、その優しい語り口と判り易い教育論が話題になる
魁皇 博之

魁皇 博之(元大関)

度重なる怪我にも耐え、日本人一人大関の大任も果たし大関在位65場所、通算勝星1047勝の大記録を樹立
佐々木 則夫

佐々木 則夫(なでしこジャパン監督)

FIFA女子ワールドカップで世界大会優勝に輝き、東日本大震災で暗くなった日本に希望の光を与えた

平成22年(2010年)

由美かおる氏は、水戸黄門で1人の女優の入浴シーンの放送回数世界一を記録したこと、坂本冬美氏は、NHK紅白歌合戦21回出場の抜群の歌唱力と「また君に恋してる」で中高年のラブソングを提供したこと、斎藤佑樹氏は、甲子園以来の爽やかさと早稲田大学を優勝に導いた実力、「何かを持っている」静かなカリスマとして社会に涼風を送ったこと、それぞれの功績が認められてゆうもあ大賞が贈られました。

斎藤 佑樹

斎藤 佑樹(投手)

甲子園のハンカチ王子から早稲田大学の優勝立役者に。「何かを持っている」ご本人にゆうもあ大賞も加えてもらいました
坂本 冬美

坂本 冬美(歌手)

1987年デビューの大ベテラン。NHK紅白出場も今年で22回に。昨年リリースの「また君に恋してる」が大人のラブソングとして大ヒット
由美 かおる

由美 かおる(女優)

1986年放送開始の「水戸黄門」において入浴シーンが黄門さま、助さん、角さんをしのぐ程の人気に。一人の女優の入浴シーン放送回数世界一となる

平成21年(2009年)

徳光和夫氏は、泣きの徳光、熱狂的巨人ファン、ギャンブル好きとして自然体の普通のおじさんを演じ続けたこと、秋元順子氏は、「アラ還」の星として高齢化社会を生きるおばちゃんパワーをグローバルなものにしたこと、野村克也氏は、ぼやきを芸術の域まで高め、ぼやきパワーで最下位球団を優勝争いにまで向上させたことなど、それぞれ三人の功績が認められて今回の授賞となりました。

秋元 順子

秋元 順子(歌手)

オリコン最年長首位など数々の記録を打ちたて「アラ還」の星と言われ高齢化社会を生きるおばちゃんパワーをグローバルなものにした
徳光 和夫

徳光 和夫(アナウンサー)

持ち前の温かい人柄から「泣きの徳光」として ある時は熱狂的巨人ファンとして またある時はギャンブル好きとしての「普通のおじさん」精神を発揮した
野村 克也

野村 克也(元楽天イーグルス監督)

機知に富んだ芸術的ともいえるぼやきが選手の士気を高め 最下位球団を優勝争いできるまでに向上させた

平成20年(2008年)

桑田真澄氏は、日本人最高齢大リーガーとして日本中に希望を与えたこと、エドはるみ氏はタレント転向2年目にして「グー」が日本中を席巻したこと、水谷豊氏はドラマ「相棒」の俊敏刑事役でお茶の間を釘付けにし犯罪予防に貢献したことなど、それぞれ三人の功績が認められて今回の授賞となりました。

エドはるみ

エドはるみ(タレント)

「グ〜」が日本全国を席巻したことと、日本テレビで放送の「愛は地球を救う」で女性の新記録である113キロを見事ランニング〜した
桑田 真澄

桑田 真澄(元プロ野球選手)

三十八歳にして大リーグにマイナーから挑戦し、日本人最年長でメジャーのグランドに立ち、中高年層を大いに勇気付けてくれた
水谷 豊

水谷 豊(俳優・歌手)

通常は結構そそっかしいのに、テレビドラマや映画の「相棒」では、うってかわって天才的頭脳を持つ刑事役を名演技で見事に務めた